gon

記事一覧(4)

OSX ElcapitanでrEFIndが実行されない問題を解決した際の備忘録。

私は以前OSX Yosemiteにubuntu14.04をデュアルブートして使用していました。"rEFInd"というブートマネージャーをインストールして、Macを起動した際にOSXとubuntuを選択できるようにしていたのですが今回OSXをEl CapitanにアップデートしたところrEFIndが起動しなくなってしまいました。同様の問題にあたっている方も多いと思いますので、参考HPも示しつつ、備忘録として紹介します。以降Terminalを使用します。1:rEFIndを再インストールする。  ダウンロードしたrefindのフォルダ内にある”install.sh”を実行する。    ./install.sh2:EFIフォルダ内にあるフォルダの名称を変更する。    diskutil list  上記のコマンドにより、EFIフォルダのIDENTIFIER(例:disk0s1)を確認する。  その後、下記コマンドを実行する。    mkdir /Volumes/efi     sudo mount -t msdos /dev/disk0s1 /Volumes/efi  この時点で”Resource busy”とエラーが表示される場合がある。  その場合はシステムを再起動してください。  エラーが出なかった場合は下記コマンドを実行    cd Volumes    open .  FinderでEFIが表示されているはずです。  次の手順を参考に、フォルダの名前を変更してください。  ・EFIフォルダにある”refind”フォルダ内の”refind_x64.efi”の名称を”bootx64.efi”に変更  ・EFIフォルダにある”refind”フォルダの名前を”boot”に変更  ・EFIフォルダにある”ubuntu”フォルダ内の”shimx64.efi”の名称を”bootx64.efi”に変更  ・EFIフォルダにある”ubuntu”フォルダの名前を”MacBoot”に変更  再起動してOS選択メニューが表示されれば完了。    もしうまくいかない場合は次の方法を順番に試してください。  ・システムの再起動  ・起動時にAppleのロゴが表示されるまで⌘-Rキーを押し続ける。(リカバリーモード)    ①メニューバーから”ユーティリティ”→”ターミナル”を選択してTerminalを起動    ②下記コマンドによりSystem Integrity Protectionを無効にして再起動をする。      csrutil disablewriting...